業界平均の46倍を叩き出したチラシノウハウ

 

これからご紹介するのは、チラシ集客のすべてが網羅された教材です。

 

スタンダードなチラシの作り方(パソコンで作るチラシ)だけでなく、手書きチラシも完全カバーしています。

 

しかも、実践の場で効果を実証してきたチラシ集客のノウハウです。

 

わたしはこのノウハウを使い、業界平均の46倍というチラシをつくることもできました

 

それ以外でも

 

・3000/13、反響率0.43%の整体院チラシ
・60/10、反響率16%のエステサロンのダイレクトメール
・500/7、反響率1.4%の整体院チラシ
・600/10、反響率1.6%宅配弁当用チラシ
・5000/1。発毛サロンのチラシ
・6000/1リフォームチラシ
・600/1 反響率0.16%お墓のダイレクトメール
・1000/5、反響率0.5%整体院チラシ

 

といったチラシも作れます

 

 

チラシを選んだあなたの選択は正しい

 

あなたが今このページをご覧になっているということは、数ある集客方法の中から、チラシを第一にお考えだからだと思います。

 

あなたのその選択は正しいです。

 

なぜならチラシには、抜群の即効性と店舗型ビジネスとの相性の良さがあるからです。

 

この2つに、チラシノウハウを加えることで、あなたはすぐにでも集客の不安から解放されるようになるでしょう。

 

 

現に、すでにチラシ集客をはじめられているわたしのクライアントからは、「チラシ配れば売上が確保できることが分かっているので安心」とお喜びの声が届いています。

 

集客できるチラシが作れるようになれば、どれだけ売上が安定するか、賢明なあなたなら、もうご理解されていますね。

 

 

そのためにも、あなたがまずやらなければいけないことは、集客できるチラシのノウハウを学ぶことです。

 

それも、実践で「効果がある」と証明されたノウハウなら、投資すべき価値がありますよね。

 

 

 

チラシ集客の利点

 

それでは、教材の説明に入る前に、「なぜチラシ集客が店舗集客に向いているのか?」について、あらためてお話させていただきます。

 

今チラシ集客を迷っている方も、この利点を知れば、チラシ集客こそはじめるべきだと思っていただけると思います。

 

 

わたしが考えるチラシの一番の優れている点は、即効性があることです。

 

撒いて早ければ当日、遅くとも1週間もあれば結果が出ます。

 

これが他の媒体にはないメリットです。

 

 

たとえば無料で集客できる媒体でアメーバーブログが有名ですが、アメブロをはじめて1週間以内に集客できるかといえば、ほとんど不可能といってもいいでしょう。

 

アメブロの場合、集客できるようになるまでは、早くて3ヶ月、最低でも半年はかかるといわれています。

 

つまり、「時間がかかる」という大きなデメリットがあるのです。

 

 

あなたは半年間、アメブロを更新しながらお客様を待つことができますか?

 

できませんよね。

 

半年も待っていたらお店は潰れてしまいます。

 

何か手段を打って集客しなくては取り返しのつかないことになります。

 

その点チラシなら、直接お客様にアプローチすることができるので、すぐに集客することができます。

 

 

 

インターネット集客の弱点

 

しかしあなたは、

 

「同じお金を使うなら、グーグルやヤフーのPPC広告、最近普及してきたフェイスブック広告の方が費用対効果が良いのでは?」

 

と疑問に感じるかもしれません。

 

はい。

 

ネットを使った広告が、オフラインのチラシより費用対効果が良いことは否定しません。

 

チラシのように即効性もあります。

 

 

ですが、PPC広告で集客したいなら絶対的な検索ボリュームが必要です。

 

検索ボリュームとは、「検索された数」のことで、要するに、検索数が少なすぎると、広告を「クリックすらされない」ということになります。

 

 

たとえば、これはわたしの場合ですが、助成金申請の代行の広告を鳥取県内のみにPPC広告を出稿したことがありました。

 

広告のワンクリックの単価は100円です。

 

その結果、1日でクリックされた回数は、平均してたったの3回しかありませんでした。

 

クリック数が極端に少ないと申込みもされませんので、広告を出稿している意味がなくなります。

 

事例は極端ですが、あなたのお店が地方都市や田舎にある場合、同じような問題を抱える可能性があります。

 

「地域名+業種」で検索されても、元々の検索数が少ないので、広告を出稿しても集客できないのです。

 

 

同じようにフェイスブックでも、地方に行くとフェイスブック登録している人自体が少なくなりますので、広告の効果もそれに比例して小さくなります。

 

もちろん、インターネット対策をないがしろにしていいという意味ではありません。

 

インターネットは便利ですが、弱点があることも認識していただきたいのです。

 

 

 

意味のない集客は今すぐやめてください

 

そして、ここからが大事なポイントなのですが、あなたが集客したいのは、何度もリピートしてくれるお客様ですよね?

 

けっして、一回きりのお客様ではないはずです。

 

だとしたら、一番活発に販促活動を行わなければいけないのは、お店のご近所さんです。

 

お店のご近所さんこそが、リピータに最もなりやすい人たちの集まっている地域です。

 

お店が近ければ気軽に通っていただけますが、お家からお店が遠いと、通うのに「そこにしかない」などの強力な理由が必要になってきます。

 

物理的距離とメリットを比較して、常にメリットが上回る状態でなければ、リピートにはならないのです。

 

つまり、遠い地域に住む人を一時的に集めても、意味がない。

 

だからこそ、店舗集客で重点的に販促活動をしなければいけないのは、お店のご近所さんなのです。

 

 

PPC広告やフェイスブック広告では、広い地域に宣伝することは適していますが、ご近所にピンポイントでアプローチすることには適していません。

 

できても絞り込めるのは、市町村まで。

 

これに対しチラシなら、ご近所にエリアを定めて、ピンポイントで撒くことができます。

 

つまり、リピータになりやすい人たちを短期間で集めることができる、だからこそ、チラシ集客が店舗ビジネスと合っているのです。

 

 

 

チラシノウハウだけでなく、「作り方」もお教えいたします

 

ただし、ただの「お知らせ」のようなチラシを撒いても集客効果はありません。

 

やはりそこは、反響の出るポイントをしっかり押さえたチラシでなくてはいけないのです。

 

手前味噌になりますが、わたしが失敗を重ねながら練り上げたチラシノウハウなら、

 

・業界平均の46倍の反響が出た整体院チラシ。
・反響が11倍になったお弁当チラシ
・反響率2%の居酒屋チラシ
・反響率18%のエステサロンのダイレクトメール
・講演会で230名越えの集客

 

など、これまでに反響を取ってきたのはもちろんのこと、業界平均を上回る数字も出してきました。

 

本物のノウハウです。

 

そのノウハウを一冊の教材にまとめました。

 

 

題して、「チラシ集客大全」です。

 

整体院、リフォーム業、石材店のチラシ、便利屋のチラシなど、その他の業界でも反響を出ぢています。

 

チラシの基本的な作り方から、当たるチラシを作るための考え方を、実際に反響の良かったテンプレートに落とし込んでつくるところまで、すべて公開致します。

 

 

作り方につては、無料のオープンオフィスというソフトを使った「チラシの作り方」も動画で解説しています。

 

 

これで、「チラシを作るソフトがない」という方でも、チラシ作りにチャレンジしていただけます。

 

チラシの作り方以外にも、オープンオフィスの中のプレゼンテーションソフトを使って、「検索窓の作り方」「地図の作り方」「写真の作り方」なども解説していますので、チラシのクオリティを高めることができます。

 

このソフトでチラシの作り方をマスターすれば、あなたの好きなときに「当たるチラシ」を作ることができます。

 

もちろん、ソフトも無料でダウンロードできます。

 

 

また、「パソコンが苦手」という人のために、「手書きチラシ」にも対応しています。

 

味のある筆文字の書き方をレクチャーしますので、「字が汚い」という方でも、簡単に味のある文字が書けます。

 

チラシの作り方や考え方自体は、パソコンで作るのも手書きで作るのも同じです。

 

これで、パソコンが使えなくても、すぐにチラシ作りにチャレンジしていただけます。

 

※オープンオフィスを使うには、「ワード」「エクセル」を使えるくらいの知識は必要です。まったく知識がない状態だと、使えるようになるまで、やはり時間がかかります。

 

※チラシ作りは、オープンオフィスの中の、プレゼンテーションソフトを使って行います。このソフトは、画像加工ソフトではないので、チラシのデザイン性を高めることに向いていませんので、その点はあらかじめご了承下さい。

 

 

 

では、その教材の一部をご紹介します。

 

チラシを構成する3つの基本

何事も基本が大事ですが、多くの人は、ノウハウやテクニックだけを知りたがります。だから、「ノウハウ通りにつくったのに反響がない」などと的外れなことで悩んでしまうのです。基本がズレているとノウハウ通りにつくっても反響は出ません。実はテクニックやノウハウに惑わされてこのことに気づいていない人が多いのです。すべてのことは基本が大事です。このパートでは、反響の出るチラシをつくる基本を学んでいただきます。わたしが失敗から気づいたことですので、ぜひ、参考にしてください。

 

 

 

チラシで反響を出すために必要な3つポイント

【見た目編】チラシで当てるためには、見た目が非常に大事になります。見た目と聞くと、「やっぱりキレイなデザインか」と思われるかもしれませんが、キレイなデザインとは一切関係ありません。チラシのデザインがキレイでも反響は出ないことはありますし、逆に汚くても反応が良いこともあります。そうではなく、チラシで反響を出すために知っておかなければいけいない見た目についての考え方です。この部分がわかってないと、見当違いな見た目のキレイさにこだわってしまい、肝心の反響は0となってしまいかねません。見た目について、この考えを知ることは重要です

 

【人間心理編】なぜ人はあなたのチラシを見ても反応しないのか?それは、あることを解消できていないからです。この人間心理を理解していないと、あなたのチラシから反響が出たとしても、それは一過性のものかマグレになってします。毎回コンスタントに反響を出すには、この人間心理を理解して下さい。大事なので繰り返しいいます。あることを解消しないと、チラシから反響は出ません。

 

【説得力編】極端にいってしまえば、当たるチラシはあるふうに思わせるのが非常に上手いのです。あなたはこのことを知ってしまえば、わたしのことを詐欺師やイカサマ師のように思ってしまうかもしれません。でもこれが真実なのです。では、あることを思わせてしまうために必要な3つの要素とは?これを知っているだけでチラシの説得力が高まります。

 

 

 

チラシのメリット

チラシを攻略するには、まずチラシのメリットをご理解下さい。このメリットを知ることで、あらためて「チラシ集客の優位性」を確認できます。

 

 

 

チラシ必勝リサーチ法

チラシで反響を取るためのリサーチ法を伝授いたします。グーグルのツールを使って、あなたの地域のニーズを探る方法とは?また、このツールを利用することで、見込み客の心に突き刺さる「一言」もわかります。このリサーチ法は強力な味方です。使わないと損です。※2016年8月頃より、グーグルの規約の変更により、一部機能が無料では使えなくなりましたので、あらかじめご了承下さい。ツールの機能を使いたい場合は、アドワーズ広告を利用する必要があります。

 

 

 

キャッチコピー皆伝の書

代表的なキャッチコピーの書き方10種類を公開。見込み客がつい振り向いてしまうキャッチコピーの方法とは?難しく考えなくても、この考え方さえ知っておけば見込み客の気持ちに刺さるキャッチコピーが出来上がります。あとは、10種類の型にはめ込むだけです。

 

 

 

手書きチラシ攻略の書

手書きチラシのメリットをお教えいたします。なぜ手書きだと反響が取りやすいのか?チラシを手書きにする前に考えておかなくてはいけないこととは?誰も気づいていないチラシを手書きにする真のメリットとは?全部お教えいたします。

 

 

 

チラシ鉄板テンプレート・テンプレート解説の書

わたしがこれまで反響を取ってきた型を、テンプレートにしました。この型にたどり着くまでに3年かかりました。それをすべて公開いたします。解説書を見ながらテンプレートにパーツをはめ込んでいくだけでチラシが完成します。しかも、「反響を取れるチラシ」です。レイアウトや中身を変更していけば、そのバリエーションは無限です。もう集客で困らないで下さい。

 

 

 

ポスティングチラシ必勝法・新聞折込攻略法

反響を取れるチラシの撒き方を、「ポスティング」と「新聞折込」にわけて解説していきます。紙面上のノウハウを教えてくれる教材はありますが、配り方まで推してくれる教材はこれだけです。しかも、「ポスティング」と「新聞折込」の両方です。見込み客が住んでいる地域までリサーチすることができますので、「どこに配れば良いのか?」なんてことに迷わなくなります。

 

 

 

チラシの反響を最大値にする配り方

チラシの反響を最大値にする配り方をお教えいたします。これまで実践してきた結果、チラシの紙面上のノウハウより反響率に影響を与えるものがわかってきました。これを考えてチラシを撒かないと、費用対効果の悪いチラシになってしまいます。紙面上のノウハウで反響を取りきるには限界があります。実践の中でわかってきた、「チラシの反響率を最大値にする配り方」を公開します。むやみに撒くのはギャンブルと同じです。何事もそうですが、勝つ人は勝つべき用意をしています。

 

 

 

実際に反響の出たチラシサンプル

実際に反響の出たチラシのサンプルを差し上げます。テンプレート以外にもサンプルを見ながら作れるので、チラシ作りがスムーズに進むのではないでしょうか?ある意味、丸パクリしてもいいわけですし・・・。サンプルの使い方はあなた次第です。ぜひ、ご活用下さい。

 

 

【チラシ集客大全】

 

【内容】
・チラシのメリット 8P
・チラシを構成する3つの基本 17P
・チラシで反響を出すために必要な3つのポイント 22P
・チラシ必勝リサーチ法 16P
・キャッチコピー皆伝の書 24P
・手書きチラシ攻略の書 12P
・チラシテンプレート解説 25P
・ポスティングチラシ必勝法 17P
・チラシの反響を最大値にする配り方 11p
・新聞折込攻略法 9P
・味のある筆文字の書き方 9P

 

合計ページ:170P

 

・【動画教材】オープンオフィスで作るチラシの作り方(リンク)
・【片面タイプ】当るチラシ鉄板テンプレート
・【両面タイプ】当るチラシ鉄板テンプレート
・反響の出たチラシサンプル集 14件分

 

<サンプル内容>治療院、飲食店、墓石販売店、発毛サロン、美容院

 

 

※教材はPDFファイルです。
※「オープンオフィスで作るチラシの作り方」は動画教材です。PDFファイルに記載されたリンク先でご覧になれます。

 

【お客様の声】

 

 

 

 

 

【価格】

この教材の価格ですが、14800円で販売致します。

 

この価格を高いと思われるか安いと思われるかはあなたの価値判断です。

 

ですが、この教材を購入する意味についてお考えください。

 

この教材を買うということは、投資するということです。

 

ご存じだと思いますが、投資をする最大のメリットは「時間を短縮する」ことにあります。

 

 

今はインターネットで探せば、それなりの良質なノウハウも、無料で手に入れることができます。

 

しかし、それらの断片的なノウハウを一から集めて、体系立てたものに組み直すのに、どれくらいの時間が必要になりますか?

 

3日や1週間で終わりますか?

 

きっと1ヶ月や3カ月は、平気で費やしてしまうことになるでしょう。

 

無料の怖さがここにあります。

 

お金を失うという痛みをともなわないので、時間という貴重な財産をどんどん無駄に消費していくことになるのです。

 

あなたはすぐにでもお客様を集めたいのに、3カ月も勉強に時間を費やしていても良いのですか?

 

その費やした時間でつくり上げたノウハウが、本当に効果のあるものになる自信はありますか?

 

また、仕事をしながら、情報収集と勉強をできるよう、長期間自分をコントロールすることができますか?

 

もし一つでも「いいえ」と答えたのなら、投資をすることを恐れないでください。

 

何度もいいますが、投資するメリットは時間を短縮することです。

 

これから何百時間も費やさなくてはいけない時間を、一気に2時間、3時間と縮めてくれることにあります。

 

 

 

 

【Q&A】

 

それでは、この教材に疑問をお持ちの方のためにQ&Aについてお答えします。

 

この教材の通りにつくれば、確実に反響が出るチラシができますか?

いいえ。チラシは水ものなので、実際に撒いてみないと反響の良し悪しはわかりません。よって、確実に反響が出るとはお約束はできません。むしろ、1回撒いて反響が出る方が、稀なことだとお考えください。しかし、反響を出すために知っておくべきことは、すべてこの教材で公開しております。何度もチャレンジするとことで反響は確実になってきます。教材の中でも触れていますが、トライ&エラーが大事なのは良くご存じだと思いますが、チラシの場合、何度も撒くこと自体が、反響の出やすい地域を作っていることにつながります。すぐにあきらめないで、この教材のノウハウを参考してチラシをおつくり下さい。

 

この教材以外にかかる費用はありますか?

とくにかかるものはありません。費用は教材代14800円のみです。

 

まだ開業前なのですが、教材を購入しても大丈夫ですか?

とくに問題はありません。むしろ、開業前から勉強しておくべきことなので、今すぐ手に入れて勉強をはじめてください。マーケティングを担当している方でも、勤務先のお役に立てますので、ぜひ、購入してチラシ集客を成功させてください。

 

 

 

 

「当たるチラシのノウハウ」と、「自分でチラシ作成ができるスキル」、この2つを一挙に取得できるのは、この教材だけです。

 

これほど店舗経営に役立つノウハウはないと思うのですがいかがでしょう?

 

ぜひ、この機会にご購入ください。

 

 


※チラシの反響の結果は、地域、タイミングなどに影響され、一定ではありません。この教材は反響を保証するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

 

 

<セットでお得>

お得な提案をさせてください。

 

今回、「チラシ集客大全」のご購入をご検討の方で、文章スキルを一緒に身に付けたいという方のために、「店舗経営者のためのコピーライティングの書」をお付けして、お得なセット価格で販売いたします。

 

 

 

店舗経営者のためのコピーライティングの書の内容は

 

【基本編】

チラシ、ホームページ、ランディングページで集客するための、基本的な考え方を解説しました。コピーライティングのよくある勘違いや、集客するためには、絶対に抑えておかないといけない考え方です。あなたは、コピーライティングを、何でも売れるようになる魔法の書き方だと勘違いしていませんか?コピーライティングは、○○○を高める方法であって、○○○を増やす方法ではありません。この勘違いをされている人が多いですが、この勘違いをしたままだと、集客では苦戦することになります。早くこの勘違いに気づいて、ご自分のチラシやランディングページを見直して下さい。集客できない理由がわかります。

 

 

 

【反応の良くなるキャッチコピーの書き方】

「リアリティが出るキャッチコピーの書き方」「読み手を振り向かせるキャッチコピー書き方」「お得感を出すキャッチコピーの書き方」「危機感を訴えるキャッチコピーの書き方」「魅力をアップするキャッチコピーの書き方」など、反応を良くする10通りのキャッチコピーの書き方をご用意しました。わたしも良く使っている方法です。あと、キャッチコピーの「反応をよくするコツ」も載せておきました。このコツを知っているかどうかで、広告の反応は変わります。それは、センスとったことではなく、見込み客の心理を知ることです。見込み客の心理を知れば、文章力やセンスがなくとも、反応の良くなるキャッチコピーは書けます。キャッチコピーは、チラシやホームページだけでなく、POPやメニューブックにすぐに応用できますので、マスターして、即日売上アップをして下さい。

 

 

 

【出来る人の文章の書き方】

ビジネスで使う文章の基本は、「わかりやすく書く」です。ビジネスでは、「すぐに意味を理解してもらう」ことが何より重要です。とくにセールス文章なら、読み手を迷わす文章は、駄文とさえいえます。それ以外にも、ビジネス文は、「頭が悪そう」と思わせないことが大切です。頭が悪そうと思われたら、その書き手から商品やサービスを購入することありません。だから、最低限、「わかりやすい文章の書き方」と「頭が悪そうと思われない文章の書き方」は知っておく必要があるのです。このパートでは、その2つの書き方をまとめました。ちょっとしたことを意識して書くだけで、わかりやすい文章を書くことができますので、あなたは「出来る人」に思われます。わかりやすくて説得力のある文章の書き方をマスターして下さい。

 

 

 

【読み手を引き付ける書きだし方】

文章で、はじめにつまづくのは「書きだし」です。どんなふうにかけば、読み手におもしろそうと思われるのか?これを考え出すと、決まって筆が止まってしまいます。逆にいえば、「書きだし」さえすっと出てくれば、その後はスラスラ文章も書けるものです。このパートでは、読み手が「お?!」と思ってしまう書きだし方のパターンを7つご用意しました。あなたが書きだし悩んだときは、このパターンに添って広告文を作るだけです。ちなみにこのセールスレターの書きだしも、7つのパターンの一部です。ヒントをいえば、「読み手の○○に○○する」だけで、読み手はあなたに深い信頼感を持つようになります。それが、広告文の書きだしで決まってしまうのです。

 

 

 

【気持ちを動かす方法(心理編)】

ズバリいって、読み手の気持ちを動かすために方法です。その他のコピーライティングの教科書では、あまり語られてないことも載せています。それは、テクニックといった表面上のことでなく、人間の持つ本質的なことです。普通に考えると当たり前のことなのですが、コピーライティングを魔法のように考えていると、この当たり前が見えなくなります。そうすると、「1日たった30分の作業で」のような薄っぺらい煽り文を書くことになり、お客様の信用を失うのです。煽ったり過激な表現を使わなくても、人の気持ちは十分動かせます。煽りは百害あって一利もないので、この考え方を知って、「真っ当な方法」でお客様の心を動かして下さい。

 

 

 

【広告の反応を良くする8つの方法】

わたしがこれまでチラシやセールスレターを作ってきて、実際に「これがあると反応を良くする」と効果を実感した方法を8つご紹介します。一つ断っておきますが、チラシで反響を出すことを舐めてもらっては困りますからね。チラシは一発要素が強いので、何度もアクセスしてくれるブログやホームページとは、「反応を得る」という点では難易度が違います。それに、紙面も限られていますからね。その厳しい条件下でも反応を取れる方法です。もちろん、ホームページやブログにも応用できます。とくに「○○の教育」は大事で、ほとんどのチラシやセールスレターは、この「○○の教育」の部分がありません。それだけで、どれだけ「購入のチャンス」を失っているかと思うと、非常にもったいない話です。あなたも、売れたはずの売上を逃さないためにもこの方法を知ってください。

 

 

以上の合計116Pの内容です。こちらも【1ヶ月メールサポート付き】です。

 

さらに、「心を動かす文章術」105Pを特典でプレンゼント致します。

 

※「店舗経営者のためのコピーライティングの書」は効果を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くださいませ。

 

店舗経営者のためのコピーライティングの書は、単品での販売は12800円です。

 

それを今回、「チラシ集客大全」と「店舗経営者のためのコピーライティングの書」をセットでご購入の方には、

 

「チラシ集客大全」「店舗経営者のためのコピーライティングの書」セット:19800円

 

で販売いたします。

 

文章術も極めて、チラシ集客以外に、POP、メニューブック、店頭ボードなど、お店販促のありとあらゆる面でご活用したい場合は、ぜひセットでご購入下さい。

 

 

 

※上記は、セットでの販売ボタンです。「チラシ集客大全」単品でのご購入ボタンではありませんのでお間違いないようお願い致します。
※すでに「店舗経営者のためのコピーライティングの書」をご購入の方で、「チラシ集客大全」のご購入をご検討の方は、お手数ですがご連絡下さい。対応いたします。

 

 

最後に

 

最後に、この教材は、わたしこれまでチラシを作ってきた中で、この考え方やパーツが反響を出すために大事ということを、あらためて体系立てて解説したものです。

 

反響を出すための集大成が、すべてこの教材の中に詰まっています。

 

断っておきますが、ここをこうすればキレイに見えるといったデザインについてのものではありません。

 

デザインの教材がほしい方は、この教材は買わないようにしてください。

 

この教材にお求めの情報はありません。

 

しかし、あなたがチラシで反響を出したいなら、この教材には、あなたが求めている情報が確実にあります。

 

ぜひ、この機会にご購入ください。